セカンドオピニオン

Treatment

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、患者さんがこれから受ける治療で提示された診断や治療方針について、担当医以外の歯科医師に意見を求めることです。
そして、患者さん自身に合った最良の治療法を選択できるようにすることが目的です。歯科医によっても、治療方針、治療法、治療の得意不得意など様々あるということは通常です。特に、インプラントや根管治療、審美歯科治療、歯列矯正などの保険外治療は、治療方針や治療法に大きな差があり、治療期間も長期に渡るため、より慎重な医院選びが必要であると言えます。しかし、セカンドオピニオンは自分の意見に賛同してくれる歯科医院を探すものではありません。あくまでも、診断で受けた治療法に対して、先入観なくメリットやデメリットを見極めたり、本当に自分に合う治療法を知ることができる機会にしたりするために活用しましょう。

こんな方におすすめ

  • インプラント、根管治療、審美歯科治療、歯列矯正などの保険外治療をお考えの方
  • 診断を受けた治療法に対して第3者の意見を求める方
  • 希望する治療法ができないと言われ、果たしてそうなのか確かめたい方

当院のセカンドオピニオンの特徴

公平な立場からわかりやすく

大学医学博士課程での研究をベースとした
セカンドオピニオン

薬品濃度の恋製品の商品写真当院理事長である医師・加藤は現在順天堂大学の医学博士課程に在籍し、病院管理や医療法規の観点から、医療の質の評価を中心とした実務的な研究を進めております。
これらの研究や知識をベースに、治療についての意見を公平な立場からわかりやすくお話いたします。