Treatment診療について

院内の施術する場所の写真

歯科治療最後の砦を守るために
精度の高い治療を提供します

当院にいらっしゃる患者さんには、以前他の医院で受けた治療によって歯科に不信感を持っている方や、再治療を目的としている方、セカンドオピニオンを求められる方が多くいらっしゃいます。
一度削ったり、抜いたりしてしまった歯は2度と元には戻りません。
だからこそ、慎重で丁寧な治療が必要不可欠なのです。
再度治療をしたいと悩んでいる方や、これから初めて治療を受ける方を問わず、皆さんが健康で素晴らしい人生をスタートするために、私たちは持てる最大限の技術を持ってサポートいたします。

あなたの歯と真摯に向き合う

治療方針

お話をじっくり伺い、ベストな提案とわかりやすい説明をいたします

患者さん一人ひとりと丁寧に向き合うために、まず患者さんのお話をじっくりお伺いいたします。ぜひ当院で胸の内を打ち明け、私たちが患者さんにご協力してほしいと思うことをお教えください。治療はそこからスタートです。私たちも、患者さんのご要望を大切に、ベストな治療方法を考え、わかりやすくお伝えいたします。

インプラント、矯正、審美歯科治療、根管治療マイクロスコープを使った精密補綴など、専門性の高い診療が中心

当院では、歯科全体を見渡せるよう、様々な治療を行っております。その中でも特に高い専門性を持って行っている治療が、インプラント、根管治療、矯正・審美歯科治療です。患者さんのご要望に合わせ、 歯本来の機能性と審美性を追求した治療をご提案させていただきます。

治療の特長

インプラント

根管治療

審美歯科治療

歯列矯正

美容

セカンドオピニオン

マウスピース制作

充実の設備

最新鋭の設備による、より高精度な検査と診断

マイクロスコープの画像当院では、治療に入る前の診査と診断にとても時間をかけています。
それは、現在の口腔内の状態がどうなっているかを緻密に知ることで、本当に患者さんに合った治療方法を見つけるためです。
歯科用CTでは、お口の状態を立体的に、歯や骨の内部まで患者さんの状態を正確に見ます。また、歯周病の検査も充分に行い、本当に抜歯の必要があるのかどうか確定させてから治療に入ります。
根管治療の場合は、マイクロスコープを使って精度を高めます。そしていったん治療が終わった後も、半年、1年後と、経過観察を行っております。歯を状態をより正確に見極めるために、これらの設備は必要不可欠なのです。

歯科用CT

CTでは、歯の内部や骨の内部を正確に見ることができます。そのことにより、神経や血管を損傷させたりする医療事故を未然に防ぐことができ、より安全で適確な治療を行うことが可能になりました。歯科治療にとって正確で安全なオペにかかせない装置のひとつです。

マイクロスコープ

歯を拡大して見ることができる実態顕微鏡です。マイクロスコープを使うことにより、肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸などの細部を鮮明に見ることができます。また、マイクロスコープを通して見た映像をモニターに移せますので、治療前のご説明をよりわかりやすくお伝えできます。

院内環境への取組

通常の病院と同じように、歯科は臓器や血管などの体の内部の外科手術と同じです。特に、口腔内は唾液が分泌されますが、その唾液の中には無数の細菌が繁殖しています。そこで重要なことは「いかに清潔な状態で処置するか」と言えます。そこで当院では、最大限に清潔な環境と、院内感染を防ぐ処置をいたします。

ラバーダムで徹底した根管治療手術

虫歯や根管治療の際に歯に装着する、ゴムのマスクのようなものです。治療の際、患者さんの歯に対してダムを作り、そこに唾液や水が入り込まないようにせき止めて治療を行います。これは、治療中の根管内に細菌が侵入するのを防ぐための非常に重要な器具です。日本では保険診療が実質使えなくなってしまったことにより、歯科医が赤字になってしまうためやっていない医院が多いと思います。しかし根管治療のラバーダムを使用した場合と使用していない場合では成功率は格段に違います。

完全個室で感染リスクを軽減

完全個室は、患者さんのプライバシー保護ができることや、歯科医が治療に集中できるというメリットもありますが、1番の目的は院内感染のリスクを軽減するためにあります。
歯科医院では多くの方が訪れ、歯や歯石を削ります。こうして出てきた切削片は目には見えない大きさで、オープンスペースで診療台を並べている医院では数十分程度で診療室全体に飛散してしまうのです。こうした院内感染を防ぐためにも、当院では3室の完全個室制をとって診療をしております。

手術用の器具はすべて滅菌済

手術に使用する器具はすべて1週間以内に滅菌されたものを使用します。
全ての器材は無菌パックされた状態で管理、保管されています。
特にハイリスクな感染症予防対策には徹底しており、ウイルス性感染症の既往歴(B型肝炎、C型肝炎、A型肝炎)などの場合は専用の器具をご用意しています。

安心の保障・メンテナンス

いつまでも健康な歯を大切にするために

歯をメンテナンスするための機械のの画像「歯の治療が終了する=歯が完治する」ということではありません。
どんな完璧と思えるような治療をしたとしても、「歯が存在する限り疾患が起こる可能性を秘めている」と言えます。だからこそ、定期的な経過観察を行い、メンテナンスをする必要があります。
長く健康な歯を保つために、ぜひご自身の歯をご自愛ください。私たちも精いっぱいサポートいたします。

インプラント・根管治療は10年間の保証制度

インプラント体(フィクスチャー)には10年保証を付与しております。
ただし、半年に一回のメンテナンスを必ず受けていただくことと、喫煙者は禁煙をしていただくことを条件とさせて頂いておりますのでご注意ください。
また、根管治療に関しては、根長が10㎜以上あり、歯周病になっていないことが条件となります。

年2回、術後1年のレントゲン撮影

メンテナンスに関しては年2回、6か月おきのメンテナンスと、術後1年のレントゲン撮影を義務付けています。
1日に数百回、年に10万回以上、人は咬合しています。健康な歯でも咬耗・摩耗し、歯ぐきや骨は退縮していきます。
いつまでも健康な歯でいるためには、車の車検やピアノの調律のような点検や調整が必要になってきます。